採用情報

求める人物像

TOKYU VALUE

東急バリューを発揮する人材

  1. 東急バリューとは

    2005年度に「従業員一人ひとりが共有すべき価値観と求められる行動」として東急バリューを策定しました。これは、当社従業員がこれまで培ってきた「風土」や「強み」、そしてこれからより一層強めていくことが求められる能力などを明文化したものです。
    従業員には、東急バリューに定められた「顧客価値」「挑戦」「共創」の3つの志を常に意識し、その実現のために5つの「行動」、すなわち「考える」「すばやく動く」「対話する」「やり抜く」「学習する」を日々の仕事の中で着実に実践することが求められています。
    そして、この東急バリューを実践することによって、従業員一人ひとりが「高い志を持ち、自ら考え、主体的にやり抜く」人材になること、そしてイノベーションが常に行われるような社内風土を醸成することを目指していきます。

  2. 3つの「志」と5つの「行動」

    東急電鉄では、3つの「志」を共有しながら、具体的な5つの行動を実践できる人材を求めています。
    この「5つの行動」は、仕事の場面だけではなく、みなさんが日常生活を送るなかでも発揮されているものです。
    みなさん一人ひとりが、自分なりに実践している「東急バリュー」をぜひお聞かせください。

3つの「志」

  • 顧客価値
    お客さまが求める価値を追求し続ける
    当社では、お客さまの立場に立った「美しい生活環境の創造」を展開しています。お客さまとの信頼関係から育まれた安心を基盤に、調和から生み出される心地よさを大切にして、一人ひとりのこだわりに応える気配りと、上質で洗練された日々の暮らしの提案をしていく、新しいサービスを生み出していくことが求められます。必要とされるのは、お客さまにとってのニーズは何であるのかを追求する人材です。仕事の付加価値は、「顧客価値」を追い求めることによってついてくるのです。
  • 共創
    互いを高めあい、知恵を結集させて連携を進める
    当社には、ひとりの力だけでは達成できないほどの規模の大きなプロジェクトが数多くあります。事業を成功に導くためには、それぞれの分野のプロフェッショナルの力を結集させ、チームとしての相乗効果を最大限発揮させていくことが求められます。そこで必要とされるのは、周囲を巻き込んで互いに影響を及ぼしつつ、意見を擦り合わせていくことで、新しい価値観を創出し、チームとしてより高い成果を目指していける人材です。仕事の質は、「共創」によりプロの力を重ね合わせることでよりいっそう高められるのです。
  • 挑戦
    常に新しい価値の創造に向けて突き進む
    当社では、仕事は与えられるものではなく、自ら創り出すものと考えています。環境が急激に変化する現代においては、前例にとらわれることなく、新たな価値を創り上げていくことが求められます。それは、物事の本質を捉え、大胆に仮説を打ち立て、機敏にそれを実行していく行動から生まれるものです。必要とされるのは、失敗を恐れず、既存の枠組みにとらわれない広い視野を持って、新しいビジョンを描き出し、その具現化のために、自ら率先して積極果敢に行動していける人材です。創造的な仕事は、「挑戦」していく社員の意志と勇気と行動力から生まれてくるのです。

5つの「行動」

考える
持っている知識やスキルを効果的に活かし、
高い付加価値の創造を目指して考え抜く。
すばやく動く
市場環境や状況の変化を意識して、
スピードを持って行動に移す。
対話する
より高い成果を生み出すために、
相手を尊重しつつ議論を尽くし、
積極的に合意に導く。
やり抜く
困難や障害にもあきらめず、
目標達成に向けて粘り強く仕事に取り組み、
最後まで確実にやり抜く。
学習する
知識・技能を積極的に吸収し、
活用するとともに、成功や失敗からも必ず何かを学び、
次の仕事につなげる。