新たなライフスタイルを提供する

イッツ・コミュニケーションズ株式会社

  • 生活サービス事業(ICT・メディア事業)

事業内容

ICTとメディアで暮らしを変える、ライフスタイル・イノベーター

私たち「イッツコム」は東急線沿線約133万世帯を対象に放送・通信サービスを提供する会社です。1987年の開局以来、テレビ・ネット・電話サービスの提供を主軸に、様々な事業を展開しています。

イッツコムが目指すのは【ライフスタイル・イノベーション】
そのために当社は、お客さまへ【新しい】安心・快適をこれからも提供し続けていきます。

今までのテレビの多チャンネル放送やインターネットの常時接続も、
全国でイッツコムが先陣を切って実現し、当たり前にして来ました。

イッツコムが次に当たり前にするのはどのようなことでしょうか。
その答えの一つが”スマートホーム”
IoTを活用し家の中の機器を連動させてコントロールするサービス「インテリジェントホーム」を実現し、お客さまへ新しいライフスタイルを既に提供し始めています。

加えて重要なのが【多彩なメディアによる情報発信】
テレビやラジオ、デジタルサイネージなど、多くの自社媒体を保有しているイッツコム。
それらを提供するリアルの場(東急線沿線)があるということも大きな特徴です。

―当たり前じゃないことを当たり前に
多彩なメディアとICTを駆使し、私たちの挑戦は続きます。

社員紹介

菊地 健

2011年入社 事業戦略本部-事業開発部-事業推進チーム

【お客さまにより近く、安心出来る新サービスの開発】

2015年1月より提供開始した『イッツコム テレビ・プッシュ』の開発や普及に関わる仕事をしています。
もしもの時の災害・防災情報、電車の遅延状況などの生活情報を、テレビからプッシュ型通知でお届けするこのサービスは、東日本大震災後の2011年から構想が始まりました。
このサービスは災害情報を届けるツールとして行政から高い評価を頂いています。
現在のチームの人数は11名。その中で私は災害・防災情報の提供元となる行政担当を任されています。若手でも信頼してもらい、重要な役回りを担当出来るところは当社の特徴だと思います。

当社はこれからも今までには無かった、最先端かつ独自のサービスを展開していきます。
私もそういったサービス、そして「街づくりの東急」だからこそ出来るサービスを作り出す存在になりたいです。例えば、医療や教育分野の情報をグループ会社と連携し、発信していきたいですね。